define('WP_SITEURL', 'http://attoh.com'); define('WP_HOME', 'http://attoh.com'); ? 相続時精算課税について | あすなろ会計-広島の税理士

相続時精算課税について

相続時精算課税について

 先日、得意先のA社長さんから電話があり、

「うちの財産のことで相談があるから来て欲しい」と言われ、
さっそく訪問すると、

A社長「母の財産をスムーズに相続するために、遺言書をなんとかしたいのだが、うまくいかないんだ」

 私「A社長さんは、たしか一人っ子ではなかったですか?普通に相続は可能と思いますが…」

A社長「いや、母には隠し子があって、彼らの所在は不明なんだ。もし、相続となれば、彼らにも当然、権利があるはずだから、何らかの要求をしてくるかもしれない」

 私「…。」

A社長「問題がゴタゴタになる前に、なんとか遺言書で安心しておきたい。それに、長年、母を面倒みてきたのは、私であって、彼らは音信不通なのだ。母も財産は全部私にくれてやる、と言っている。」

 私「それでは、遺言書を作成でよろしかろうと思いますが…。但し、遺留分がありますから、彼らにもいくらかの取り分はありますよ。それも考慮しましょう」

A社長「いや、ところが、先日、公証人役場の人と相談したのだが、母はすでに多少のボケが入っていて、正常な判断が出来ない状態なので、遺言書の作成は不可能と断られた」

 私「それでは、生前に財産を移転する方法として、贈与か売買による譲渡という方法も可能ですが、それでは、税金でかなり払わないといけませんね」

A社長「そうなんだ。とにかく、この財産を確保するのに安心感がほしい。考えてみてくれ」

◆この場合、問題は、

 ・遺言書が作成できないこと

 ・このため、相続時まで待つ必要があるが、もし隠し子が出てくると
  財産争いに巻き込まれる事は必至

 ・かといって、多額の贈与税や譲渡所得税を払う余裕はない。

 そこで、私は、知り合いの遺産相続を扱うB行政書士の先生に相談しました。 

 私「…という訳なのですが、良い知恵は無いでしょうか?」

B行政書士「もしかすると、成年後見人制度の適用を検討すればどうでしょう。それなら、成年後見人が財産についての管理が出来るはずです。この分野は司法書士が専門です」

 私「あー。なるほど!さすがです!さっそく検討します」

◆この成年後見人制度、その詳細は省略しますが、とにかく、知り合いのC司法書士に相談してみました

 私「…という訳です。成年後見人制度でなんとかしたいのです」

C司法書士「無理ですね。成年後見人であれば何でも出来るというわけではありません。」

後見人の出来る財産管理とは、・・・

(続きは、盆明け8/16に・・・)
 






関連キーワード

2004年08月12日 |

カテゴリ: 得する税金対策


»
«