define('WP_SITEURL', 'http://attoh.com'); define('WP_HOME', 'http://attoh.com'); ? 感情の処理(クレンジング)について | あすなろ会計-広島の税理士

感情の処理(クレンジング)について

感情の処理(クレンジング)について

現代社会を生き抜く上で、多くの人に関わってくるのが、ストレスの処理です。 私自身、このストレスという目に見えない魔物と随分取り組んできました。

このストレスは、その影響として血管の流れを悪くする作用があり、万病の元とされています。

そして、もっとも困難な病気が「うつ病」です。「うつ病」は心の病で、別名「心のガン」と呼ばれ、一度この病にかかると治療不能とさえ言われています。

ストレスを手っ取り早く処理する方法として、人に愚痴や不平・不満をぶつけることが多くとられていますが、私は、この方法には異論があります。逆に、自分が傷つくことがあるのです。

私の経験であまり良い例えでないのですが、こういう事例があります。

長年、飼っていたオカメインコが、ある日、事故で亡くなったのです。その夜は、家族全員が涙を流して悲しみにくれました。 翌日、私はこの悲しみをなぐさめてもらおうと、知人にこのことを話しました。
すると、その人は、 「たかが、ペットの死くらいで悲しむなよ」 その知人はペットを飼った事の無い人でした。
私の気持ちが理解できなかったのです。

逆に、自分の気持ちを受け入れてもらえなかったことで、私の心はひどく傷ついたものです。

言わなければ良かった。 こんな心境でした。

不平や不満も同様です。同じ体験をした人以外には、自分の思いを言うべきで無いと思っています

また、たとえ同じ体験をした人であっても、一応の同情は示すかもしれませんが言われた相手は当然おもしろくありません。

そして、最も重要なことは、悲しみや不平・不満を、言葉に発するということは、言った本人の潜在意識に一番にインプットされるということです。

だから、むしろ誰にも話さず、自分の感情を否定せず素直に受け止め、そしてじっと自分で自分の感情をしっかりと感じてあげることのほうが回復が早いのかもしれません。 自分の感情を感じきることが、クレンジングの第一歩につながると思っています。

 






関連キーワード


»
«