define('WP_SITEURL', 'http://attoh.com'); define('WP_HOME', 'http://attoh.com'); ? 世界大恐慌?資本主義の崩壊?(1) | あすなろ会計-広島の税理士

世界大恐慌?資本主義の崩壊?(1)

世界大恐慌?資本主義の崩壊?(1)

1.ただの不況?それとも世界恐慌?
 
 これを読んでおられる経営者の皆様は、すでに今日の事態が通常の不景気ではないと感じている事と思います。米国のグリーンスパン元FRB議長は「100年に一度の経済危機」と発言しました。

 そして、今回の金融危機が、単なる深刻な不況なのか、それとも世界恐慌に突入するのか?世界恐慌の場合、どうなるのか?
 麻生総理は「全治3年」、日本の大手シンクタンクは「回復は再来年」と発言しています。それに対して、メディアでは「恐慌」というキーワードは殆ど使われませんが、多くの経済学者や評論家が深刻な持論を展開しています。
 
 私自身、この1~2ケ月、多くの経済書を読み、数多くのサイト・ホームページを検索し、また一般個人の参加する掲示板なども参照して、研究・検討してきました。
 結論は、私見ですが、世界(大)恐慌と思います。それも、1929年の世界恐慌のレベルを遥かに超える、資本主義はもちろんですが、自由主義経済そのものまで崩壊するのではないかというくらいの恐怖を感じています。
 
 ここで、ひとつ注意を・・・。この世界恐慌に関して、これから持論を展開しますが、かなり悲観的です。また、私が述べているのではなく、私がその理論展開に納得した経済学者や評論家が述べている内容です。
信ずるか否かは自己責任でお願いします。私は、彼らの予想がはずれて、早く景気が回復して、関与先の社長さん方が安心して仕事ができる環境を切に願っています(が)。

2.まず、何をすべきか?3つのステップが大切

 この異常事態に望んで何をすべきか?私は次の3つのステップが必要だと思います。

 1.事実を確認する・・・今、世の中で起こっている現実、自分の会社で起こっている現実、取引先で起こっている現実。これらを直視すること。(楽観主義とプラス思考は違います)

 2.過去の歴史を学ぶ・・・これは、1929年の世界恐慌でおきた事を研究する必要があります。「歴史を繰り返す」という諺もあります。歴史を学べば、対策も何とかなるかもです。

 3.仮説と戦略をたてる・・・今後、世の中というか、経済がどうなるか、デフレかインフレか?そして、それはいつおきるのか?それに対処するために何をするのか、です。

3.超悲観的な私見=戦時経済体制

 よく、「いったい、これから世の中はどうなるか?」という質問を受けます。それに対して、超悲観論者(?)の私は、こう答えます。「今後5~10年後に1960年の高度経済成長前に回帰」
さらに最悪の場合、「15~20年後には戦時経済体制」

 米国発の金融危機、前回の1929年の世界恐慌も米国発でした。しかし、規模が違っているようです。前回は、大量の倒産と失業者の発生。回復に15年、最後は戦争。

  今回は、倒産・失業どころか、国家破綻する国が続出しそうな勢い。回復は30年とか50年かかるという人もいる。今は、試合開始のゴングが打ち鳴らされた ばかり。これから15ラウンド(年)フルの長い戦い。来年、2009年は、終わりの始まり。GM破綻が米国恐慌入りの合図?






関連キーワード

2008年12月12日 |

カテゴリ: あすなろFAX通信 時事・経済情報


»
«