define('WP_SITEURL', 'http://attoh.com'); define('WP_HOME', 'http://attoh.com'); ? 金持ち父さん | あすなろ会計-広島の税理士

金持ち父さん

金持ち父さん

「金持ち父さん」を経営者の理想像といえると思います。

「金持ち父さん」とは、すなわちロバート・キヨサキの「金持ち父さん貧乏父さん」の考えに賛同し、その理想を追求することです。
 
ロバート・キヨサキは、その著書「金持ち父さん貧乏父さん」にて、ビジネスを形作る人々の4つの異なるタイプを表している。

つまり従業員、自営業者、ビジネスオーナー、投資家の4つです。
従業員(E)と自営業者(S)は、キャッシュフロー・クワドラントの左側に属している。

ワドラントの右側は、自分が経営者となっている会社ビジネス(B)と、所有している不動産や株式投資(I)からお金を得ている人としています。
私たちはそれぞれ、この4つのクワドラントのうち、少なくともいずれか1つに属しています。

E=従業員

S=自営業者

B=ビジネスオーナー

I=投資家

金持ち父さんはこう言っています。「君のアイデアを形にしてくれるのがB-Iトライアングルだ。資産を生みだしたり他の資産を買ったりできるのも、このB-Iトライアングルのおかげなんだよ。」

つまり、金銭的に裕福な人は、

不動産投資や株式投資で一定の成果を上げた人、すなわち(I)の分野から収入を得ていること

そして、さらに、

2、自分が経営者となっている会社組織から収入を得ている人、すなわち(B)です。

さらに、金持ち父さんは、「自営業者(=S)は、職人であり、忙しい日々をすごしているが、金銭的には裕福になりにくい」と言っています。それは、仕事自体を従業員に任せることが出来ない、組織として機能していない、従業員の育成システムが確立されていない、などの理由があります。

実は、当事務所の顧問先企業の多くが、(S)です。

当事務所では、如何にして、(S)→(B)に移行できるかを提案していきます。大切なポイントは、「何故出来ないか」ではなく、「どうしたら出来るか」、を考えることです。






関連キーワード

2004年08月30日 |

カテゴリ: 9.財務戦略


»
«