define('WP_SITEURL', 'http://attoh.com'); define('WP_HOME', 'http://attoh.com'); ? 大変な時代こそ、マターリと行くド!&よもやま話 | あすなろ会計-広島の税理士

大変な時代こそ、マターリと行くド!&よもやま話

大変な時代こそ、マターリと行くド!&よもやま話

な、なんと1週間ぶりのFAX通信です!どうしたんでしょう?と言いますか、お伝えしなければいけないことが、あまりにも多すぎ・・・。そして、どれも、刻一刻と迫っています。

5月の連休明けから、各社を回ってイロイロお話を伺っていますが、いよいよのような気がします。恐慌の到来・・・。
そして、今、本気で考えているのが、恐慌・財政破綻・寒冷化、この3つの対策です。関与先の1社でも多くが生き残るための対策です。でも、本当に難しい。難儀な時代です。
  
●実は、先月ついに50代となりました。だんだん、先が見えてきているのですが、私自身の体調と日本経済・・・。正直キツイです。精神的にも肉体的にも・・・。平時なら、あと15年、65歳くらいまでは楽勝でしょうが、何しろ、今は世界的な経済不況、そして今後くるであろう大恐慌。それに対応すれば、自分でも感じますが、この命、あと5年もつかどうか?
 
 
●今年の初めに、決めたことが二つ有ります。一つは、当分、新規の得意先は取らないこと。それは、これからの混迷の時代、通常の業務にプラスαの業務が生じるからです。それは、前号の「税務調査ラッシュ」、「経営建て直しの相談」、「恐慌対策(財産の保全)」、「民事再生手続」などです。

実は、今年になって、4件もの新規のお客様を紹介したいとのお話が有りました。大変、有り難かったですが、すべてお断りしました。今の得意先への仕事の質を落とさないためにも、断腸の思いでの選択でした。

●もう一つは、どこまで持つかわかりませんが、「命を懸けて仕事をする」ことです。今後、予想される大恐慌、生半可では無理です。とくに、私のような能力の無い人間には、「命を懸けて」取り組まないと対応できません。
「何を時代錯誤みたいなことを言っているのか」と笑われそうですが、こんな私に、たった一人、強力なパートナーがいます!

社会保険労務士のT先生です。彼も、また、今まさに、「命を懸けて」、この難局に対応しています。T先生とは10年以上の付き合い。この恐慌時代、まるで、私はこの先生の力を必要とするために出会ったかのような運命的なものを感じます。で、嫌な仕事は、全部、彼に押し付ける。(^^;

 
 
●多くの会計事務所の得意先が、この1年間で約1~2割、倒産・廃業などで減少しているようですが、幸い、うちは、まだ1社だけです!(皆さん本当にスゴイ!)しかも、こんな大不況にも関わらず、最高売上・最高益を計上した会社が3~4社もあります。その内の2社は女性経営者です!これからは女性の時代か?なぜ、女性経営者が、この時代に強いのか?ちなみに血液型は関係ないですよ。(^^;
 
 
●多くの飲食店が軒並み前年対比3~4割の売上ダウンです。この段原近辺の飲食店のオーナーに聞いてみるのですが、ほとんどです。 ところがです。当事務所の近所のお好み焼き屋さん、前年対比120%!だそうです。ここも、経営者は(奥さんで)女性です。(´ー`) 

 ●この経営者さんとは、何度かお話をしていますが、先ほどの最高益をあげた経営者さんと多くの共通項があります!それは、女性である!ではありませんが(笑)、女性の持っている特質がヒントです。紙面が残り少なくなってきました。二点目は、この紙面でキーワードが何度か出ています。探してみてください。そして、三点目、それは、ひたすら、謙虚であること です。その他ありますが、次号で説明します。

広島の税理士:あすなろFAX通信






関連キーワード

2010年05月17日 |

カテゴリ: あすなろFAX通信 所長Blog日記


»
«